PCMAXから舐め犬オファーをいただきました!

ツーショットダイヤルと伝言ダイヤルの魅力を令和時代に伝えたい!

ツーショットダイヤルと伝言ダイヤルの魅力を令和時代に伝えたい!
目次

ツーショットダイヤルとか伝言ダイヤルを後世に伝えたい

この記事は、古き良き時代の出会い系を体験してきた40代の僕が、昔を懐かしむと同時に、当時の出会い系事情を現代の若者に継承する、歴史的価値のある記事です。

現在出会い系を楽しんでいる若者に聞きます。

ツーショットダイヤルって知ってますか?

ツーショットダイヤルとは、いわば「自宅でできるテレクラ」のことであり、テレクラの敷居が高くて突撃できない人や、テレクラが近くにないといったテレクラ難民に出会いを与えてくれる、画期的システムのことである。~Namepedia(ナメペディア)より~

当時はエロビデオ屋に行くと、おびただしい数のエロビデオ(DVDじゃないですよ)が陳列されている隅っこに、ツーショットダイヤルカードが売っていました。今でこそ鉄板イチ押しの出会い系であるPCMAXも、インターネットに進出する前はツーショットダイヤルカードを展開していました。

カードは会話できる時間ごとに金額が分かれていて、おおよそ10分1,000円の値段設定でした。30分3,000円、60分5,000円、120分10,000円の3種類あったと記憶しています。

恥ずかしさを克服してカードを購入できれば第一段階クリア!

カードにはその地域専用の電話番号が書いてあり、そこに電話すると、受話器の向こう側で出会いを求める女性と順番に会話がつながっていくというシステムです。

本物のテレクラのように早取りの要素はありませんが、待っていれば確実に順番が回ってくる安心感がありました。

ただし僕の住んでいる地域は田舎だったため、利用者が少なかったのでしょう。1時間くらい待たされてようやく女性とつながる、なんてことも良くありました。逆にガンガン女性とつながるカードも売っていたのですが、間違いなくサクラだったと思います。

つながった女性と会話が盛り上がれば頑張って口説く!イマイチ盛り上がらないなと思ったら#ボタンを押すと次の人につながる(までしばらく待たされる)、みたいな仕組みです。

逆に会話が盛り上がっていたのに相手に#ボタン押されることもありました。ヤレると思ったのに~、俺のポイント返せ~という気持ちです。

同じような仕組みの出会いとして、カードを購入するタイプと、電話代と一緒に清算される「ダイヤルQ2」でのツーショットダイヤルがありました。

[kanren postid=”94″]

これらのシステムはすぐに女性とつながれるところが魅力でしたが、問題点はコスパの悪さです。

僕はだいたい30分3,000円のカードを買っていたのですが、少し会話が盛り上がると、あっという間に時間が過ぎていきます。

実際に出会う段取りにこぎつけようとする頃には時間がなくなり、こっちの直電を伝えようとしてる最中に「ポイントがなくなりました」のアナウンスと同時に強制終了、なんて日常茶飯事でした。

伝言ダイヤルって知ってますか?

ツーショットダイヤルのコスパの悪さを解消したのが、神システムの伝言ダイヤルです。

伝言ダイヤルとは、お互いに留守電のような伝言メモを録音し合い、声のやりとりだけで出会いにこぎつける、平成初期の出会い手段である。~Namepedia(ナメペディア)より~

カードを購入できるのはツーショットダイヤルカードと同様、エロビデオ屋です。

ちょっと記憶があいまいなのですが、カードには電話番号と、数字6桁くらいの専用IDが書いてありました。

電話をかけ専用IDを入力すると、自分の伝言を録音するか、女性の伝言を聞くかが選択できます。

「自分の伝言を録音する」とは、出会い募集のメッセージを録音することです。これがもう、本当に楽しかった。

まぁ身長体重や年齢、住んでるところ、希望の出会いなどを録音するだけなのですが、そこは声だけが出会いを左右する世界です。

事前に台本を作って、つっかえないようスムーズに話す練習したり、渋い声で録音してみたり、明るい声で録音してみたり、ゆっくり話してみようとか、試行錯誤の毎日でした。

それで自分のメッセージを録音して仕込み完了。数時間たってまた電話して、自分のIDを入れてみるわけですよ。そうすると、

[box class=”yellow_box” ]

「あなた宛てのボックスに、○件のメッセージをお預かりしています」

「あなた宛てのボックスには、メッセージはまだお預かりしていません」

[/box]

こんなアナウンスが流れます。

これで女性から入った伝言を聞いて、そのまま伝言のやりとりで仲良くなるも良し、思い切って直電をやり取りするもよし、ダイレクトに待ち合わせするも良し。

ツーショットダイヤルカードに劣る点と言えば、つながった女性と、その場のノリで即会い即ハメ!みたいな即効性が皆無なところです。

しかし伝言ダイヤルの良さは、相手の声を聞いてどんな女性なのか想像し、伝言を重ねて妄想を膨らませ、満を持していざ出会う、というじっくり吟味することができた点ですね。

この点は現代のメールやLINEなどのやりとりと似ているかもしれません。ただし声のやりとりの方が、圧倒的に相手を感じることができて楽しかったです。

僕は20代の頃、この伝言ダイヤルで何人かの女性と出会うことができました。そのうちの一人とは、およそ10年に渡って関係していた女性もいました。機会があればその女性について記事を書きたいと思います。

この2つの出会い系サイトで出会った女性達にリアルに舐め犬活動をしています

以前はそれこそ数多くの出会い系サイトに登録していましたが、本当に出会えるサイトを厳選してきた結果、今ではこの2つが残りました。信頼性・使い勝手ともに、【最高レベル】の出会い系サイトです。
PCMAX(戦略:守り)
PCMAXは自由記述型のプロフィール項目が非常に充実しています。なのでプロフィールにこだわって他人と差をつけることができれば、自然と異性からのアクションが期待できます。がっちりと自分のプロフィールを固めて異性のオファーを待つ、これこそ【守りの戦略】
ワクワクメール(戦略:攻め)
ワクワクメールは異性のプロフィール閲覧が無料の出会い系サイトです。募集掲示板を見てもらえば分かりますが、利用者数が本当に多いので、あなたの要望を叶えてくれるお相手が必ず見つかります。自分から好みの異性を積極的に探しに行く、こちらは【攻めの戦略】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次